家庭教師 第3話

「あっ・・・、はあはあ・・・」

「う~ん、あと2発だね」

「あと、2・・・発・・・で、千恵子ちゃんと・・・」

「センセ、目が怖いよ・・・」

目を血走らせ、息を荒げる康太。

彼の目線はあからさまに、彼女の胸や下半身を向いていた。

「もう、先生のエッチ!?」

千恵子の身意義足が勢いよく跳ね上がり、彼の睾丸にめり込こむ。

「はぎゅっっっ!!!」

コリッとした心地よい感触がつま先に伝わる。

「ふふふっ、はぎゅっ、だって・・・」

千恵子は股間を抑え飛び跳ねる康太を嘲笑う。

「フフフッ、あははっ、センセ、可愛い」

お腹を抱え笑う千恵子を見て、康太は男と女の体のつくりの差に、劣等感を感じた。

「ううっ、ひどい・・・。絶対あと一発耐えて、千恵子ちゃんと・・・」

「えっ? あっ、そっか。あと1発で先生を倒さないと、私先生に体を奪われちゃうんだ」

千恵子は胸と下半身を手で覆い隠し、大げさに言う。

「そんなことは絶対にさせないんだから」

彼女は不敵な笑みを浮かべ続ける。

「たとえ、先生の大事なところが潰れて、2度とつかえなくなっても・・・」

「ひっ!!!」

康太は彼女のその言葉に恐怖した。

いくらなんでも、そこまでしなくても・・・。

「千恵子ちゃん、さすがにそれは・・・」

「潰れちゃえ!!!」

千恵子は彼の言葉を遮るように、力いっぱい彼の股間を蹴り上げた。

「・・・っ!!!」

体中に衝撃が走る。

下から押し上げられた睾丸がゴリゴリとひしゃげる。

爪先が陰嚢にめり込む。

ギュリッと不気味な感触を残し、潰れかけた睾丸が左右に逃げる。

「あっ・・・あっ・・・」

股間が燃えるように熱い。

痛いを通り越して、もはや、息をするのもつらい。

「痛い?」

うっとりとした表情で千恵子が問いかける。

「痛いよね、苦しいよね? だって、あんなに強く蹴ったんですもの」

頬を真っ赤に染め、矢継ぎ早に尋ねる千恵子。

身体をもじもじと動かし、ぎゅっと自らを抱きしめる。

「私、感じたよ。先生の大事なところが、私のつま先に押しつぶされるのを・・・」

「ぁっ・・・あっ・・・」

「そして、限界まで潰れて、左右にグリッて逃げるのを・・・」

康太はふらふらと、後ろに下がり、壁に背を付ける。

「あれ、先生、倒れちゃうの? 倒れたら、エッチできないよ?」

「うっ・・・、ああっ、痛いよう・・・」

その言葉に、彼は最後の力を振り絞り、壁を離れた。

そして震える膝に鞭を打って、彼女の歩みを進めた。

「はい、あんよが上手、あんよが上手・・・」

千恵子は幼い子にするように、甘い声色で彼を応援した。