家庭教師 第4話

「ああっ・・・」

「よく頑張りました、先生・・・」

康太が千恵子の下までたどり着くと、彼女は彼を抱きしめた。

「千恵子ちゃんと・・・エッチ・・・」

彼は燃える様な股間の激痛に耐え、彼女の腰に手を回した。

「千恵子ちゃん、千恵子ちゃん・・・」

パンパンに晴れ上がった睾丸は真っ赤に変色し、少し血が滲んでいる。

それでもギンギンに勃起したペニス。

彼は亀頭を千恵子のお腹にこすり付ける。

粘々の体液が千恵子の体を汚す。

「あんっ、熱い・・・」

千恵子は彼のペニスに手を伸ばし、親指と人差し指、中指で軽く握りしめて優しくしごいた。

康太は息を荒げ、気持ちよさそうに身をよじる。

「ふふふっ、先生ったら・・・エイッ!」

「ぎゃっ!!!」

彼の体が硬直する。

千恵子は彼の股間を膝で蹴り上げていた。

「そっ、そんな・・・、もう10回、終わった・・・、約束・・・ひぎゃ!!!」

「エイッ、エイッ、エイッ・・・」

連続で叩き込まれる固い膝小僧、千恵子は康太の柔らかい睾丸の感触を楽しむように、何度も蹴り上げる。

「ひど・・・い・・・、なんで・・・、千恵子・・・ひぎゃっ・・・」

「だって、先生のその反応が、面白いんだもの」

千恵子は彼をベットの上に押し倒し、その上に覆いかぶさった。

「舌を噛まないように、歯を食いしばってた方がいいよ先生」

彼女はそういうと、彼の肩に手を置き四つんばいの姿勢で、右足を後方へ高々と振りかぶった。

「やっ、やめ・・・」

「逝っちゃえ!!!」

千恵子は全体重を膝に預け、彼の股間に振り下ろした。

可愛らしい膝小僧がペニスの根元にめり込み、ブラブラと揺れる睾丸を押し潰した。

「ぎゃああああああああ!!!!!!!!!!!」

ペニスの先端から、うっすらと血の混じった精液が噴水のように噴出した。

表面に浮き出た血管がブチ切れそうなくらい脈動し、ものすごい勢いで精液を吐き出す彼のペニス。風船のように膨れ上がった睾丸。
男の弱点であるはずのそれは、千恵子の固い膝小僧の下で、平たく押し潰される。

「ふふっ、先生・・・、痛かった?」

パンパンに晴れ上がった陰嚢に、グリグリと膝を押し付け、射精を促す。

「よかった、潰れてないみたい」

袋の中で逃げ回るコリコリとした2つの球体、その存在を確認した千恵子はにっこりとほほ笑み言う。

「ここが潰れたら、もう先生のこと、いじめられなくなっちゃうもんね」

千恵子はぐったりとした康太にチュッと短くキスをすると、ブラとパンツを脱ぎ捨て、いきり立つペニスに跨った。

「今夜は寝かせないから、覚悟してね、先生!」

そして千恵子は熱く火照った体を彼に絡ませ、乱暴に彼を犯した。

 

おわり