阿保満天のBlog

このブログは、過激な描写を含んでいます。 女性による金蹴り、玉責め、去勢などきつい内容でいっぱいです。 観覧には、十分にご注意ください。

阿保満天と申します。 ハードな受けシュツュの作品をかいてます。 イラスト、漫画製作等のお仕事募集中です。 ご連絡はabomanten@hotmail.co.jpへ、または メッセージ蘭にてお願します。

小説

処女をかけた3分間 後編

「はあ、はあ・・・」

哲志は股間を抑え、体を丸めて涙を流す。

最初の一撃以来、彼女は全く手加減なく、彼の大事なところ蹴り上げ続けた。

「手、どけて・・・、エイッ!!!」

ドガッ!!!

「ひぎゃっ!!!」

メリメリと睾丸が押しつぶされ、彼の身体が一瞬宙に浮く。

体を前かがみにしたまま、ピンと背筋を伸ばし、文字通りくの字になって硬直する哲志。

ものすごい衝撃が股間から脳天までを貫く。

下半身が燃えるように熱い。

男として生まれたからには、ここがどんなに脆いところかってのは、それこそ言葉も話せない内からわかっている。けれども、ここを蹴り上げられるのが、こんなにも痛かったなんて・・・。たかが女の蹴りだなんて舐めていたのが間違いだった。

今まで感じたことのないような激痛に苛まれ、彼は激しく後悔した。

「桃子・・・ちょっと・・・手加減・・・・ひぎゃっ!!!」

休む間もなく次の一撃が彼の股間を襲う。

「しゃべってたら下噛むかもしれないよ。危ないよ」

「あああっ・・・・」

「哲志君、手邪魔だよ、蹴れないよ・・・」

「もっ、もう・・・」

「もう、ギブアップ? じゃあ、私とセックスはなしでいいんだよね?」

「ちが・・・やめるとは言ってない・・・」

「じゃあ、手をどけて、時間の無駄だよ・・・」

「そっ、そんなこと言ったって・・・」

「早くどけてよ・・・、もう、こんなことをやってるうちに、もう1分半もたったよ!」

まだ1分半・・・、すでにこんなにボロボロなのに、まだ半分しかたってないのか・・・。

「ふっ、ふざけるな・・・、男のココをなんだと思ってるんだ」

「えっ?」

「なんで、そんなに思いっきり蹴れるんだよ」

「なんでって・・・」

「そんなに強くして、もう使えなくなったらどうするんだよ」

両手で大事そうに股間を抑え、哲志はものすごい剣幕で彼女に詰め寄る。

「大体、なんだって、ここを蹴り上げるとか言い出したんだよ、この変態女!」

「えっ、それは君を懲らしめるために・・・、だって私、力とか弱いし、他に君を懲らしめる方法なんて思いつかなかったし。それにそこは男の人の急所だって、保険の時に習ったし・・・」

彼の迫力に若干怯える彼女。

「ふざけるな、大体処女なんてどうでもいいだろう! 幼馴染が困ってんだから、それぐらいあきらめろよ。たった1回や2回、抱かれるくらいなんでもないだろう!」

「なんですって!?」

今まで押されていた彼女が急に声色を荒げる。

「処女なんてですって・・・、貴方こそ、女の子をなんだと思ってるの!?」

「えっ、ちょっと、桃子・・・」

哲志は桃子の突然の豹変に驚き、言葉に詰まった。

「だいたい、貴方が彼女とどうなろうが私には関係ないでしょう!!!」

「ちょっと桃子・・・、どうしたんだよ急に・・・、ちょっと落ちつけよ・・・」

「はあ、何その言い方、まるで私が悪いみたいじゃない!」

「いや、だってさ、桃子は俺とエッチしてくれないわけだし・・・」

「するわけないでしょう!!! なんで私が貴方なんかとエッチしないといけないわけ!?」

「いや、だってさ、ふつう幼馴染が困ってたら・・・」

「ったく、ホント、話にならない・・・」

桃子は彼のいまだ自分の非を認めないどころか、間違いさえ気づいていない彼に呆れた。

一体、何回同じような話を繰り返えせばが済むんだ。

「大体悪いのは桃子だろう? 男の大事なところを蹴り上げるなんて、まじで信じられないぞ・・・。使えなくなったら、どう責任を取ってくれるんだよ。それにさ、もう3分たったことだし、諦めて俺とセックスしてくれよ」

「いいよ、勝手にすれば・・・」

彼女は落ち着いた様子でそう答える。

一体何を考えているのか、彼女の表情は前髪に隠れて見えない。

けれども、哲志はそんなの気に留めることなく、彼女に手を伸ばす。

「えっ、ホント・・・じゃあ・・・」

「いいよ、好きにしなよ。犯すなり、なんなり。でも、その代り・・・」

「えっ・・・?」

「ただではさせてあげないから!!!」

彼女はそういうと、膝で彼の股間を蹴り上げた。

「ぎゃっ!!! ちょっ、桃子!!!」

「この変態!!!」

彼の大事なところが彼女の膝に押しつぶされる。

「ぎゃあああああああ!!!」

激痛に泣き叫ぶ哲志、それにも構わず、桃子は何度も何度も彼の股間を蹴り上げる。

「潰してやる、こんなの潰してやる。二度とエッチできない体にしてやる!!!」

彼女は彼の肩をぎゅっと掴むと、左右それぞれに数回ずつ、かたい膝小僧を叩き込んだ。
ブチッ!!!

グチャッ!!!

「ぎゃああああああああ!!!!!!」
そして彼女は何の躊躇もなく、彼の睾丸を蹴り潰した。 

「残念だったね、これでもう、エッチできなくなっちゃったね」

こうして桃子は、自らの処女を守り切ったのだった。

 

処女をかけた3分間 前編

「・・・何も、俺だけ裸になることはないだろう」

「だって、そうしないと、貴方の大事なところをしっかり蹴れないでしょう?」

「だったら、せめてお前も脱げよ、俺だけ不公平だ」

「私は別にやめてもいいんだけど・・・」

「うっ、わかったよ・・・」

「じゃあ、いくよ」

男の人の大事なところを蹴り上げるのは忍びないけれど・・・。

桃子は右足を後ろに振りかぶり、そしてそのまま勢いよく彼の哲志の股間目がけて蹴り上げた。

ドスッ!!!

彼女のつま先が彼の股間に突き刺さり、鈍い音をたてた。

「ぬうっ!!!」

彼は体をくの字に折り曲げ、両手で股間を抑え、ぴょんぴょんと飛び跳ねた。

つま先に感じた玉のひしゃげる嫌な感触が未だ残っている。

いくらなんでも思いっきりやりすぎたか?

「うわっ・・・、ねえ、もうギブアップだよね?」

桃子は彼の苦悶の表情に若干、罪悪感を感じながら言った。

「まっ、まだ・・・」

「えっ・・・」

「まだ、ギブアップしない・・・」

「うっ、うそ・・・」

彼は膝をガタガタを震わせながらも何とか足を開き、両手を後ろに組んで彼女の正面に向き直った。しかし、その姿はすでに満身創痍。さすがにこれからさらに彼の股間を蹴り上げるのは、少し抵抗がある。

けれども・・・、彼女はここでやめるわけにはいかない。

何せ、この勝負には彼女の処女がかかっているのだから。

 

時は数刻前、桃子は幼馴染の智志に呼び出され、彼の家に向かった。

両親は外出しているのか、家には彼一人だった。

「ねえ、哲志君、話って何?」

「実は折り入って頼みがあるんだ」

「何?」

「俺とセックスしてくれ」

「へっ!? セックスって・・・、哲志君いったい、何を言ってるの!?」

「頼む、こんなことを頼めるのはお前しかいないんだ」

「そっ、そんなこと言われても・・・、第一私たち、ただの幼馴染だし・・・」

 

一体なぜ、彼がそんなことを桃子に言い出したのか・・・、理由は以下の通りだ。

哲志は最近、一人の女の子と付き合いだした。数回デートを重ねるうち、彼女の方からエッチの誘いがあった。何回もデートをしているのに、ちっとも手を出してこない哲志にしびれを切らしてのことだったらしい。

哲志は彼女の誘いに喜んでことに及んだ。及んだのだが・・・。

セックスは愚か、異性との交際も彼女が初めてだった彼はことの最中、あまりの緊張に自分の一物が元気になってくれなかった。そして止む無く初めてのセックスは中断。

「あれ~、疲れてるのかな?」などと意味不明な言い訳をする哲志に、彼女は呆れ顔。

それ以来、別れてはいないものの、彼女と疎遠になってしまった哲志。

 

「つまり、セックスが上手になって、彼女との関係をやり直したいと・・・」

「頼む、本当にお前しかいないんだ」

両手を合わせ、額を地面にこすり付けるようにして哲志は懇願する。

最悪・・・、それが桃子の感想だった。

彼女とうまくいきたいから私の体を貸せって?

ふざけてる。

ビンタの一発でもかましてやりたい、そう思う桃子であったが、気の弱い彼女にはそれはできなかった。

「ごめん、無理だよ。その、私まだ処女だし・・・」

「なんだ、ちょうどいいじゃないか。お互い初めて同士なら、どうってことないだろ?」

「ちょっ、そんなわけないじゃん」

「え~、なんでだよ。俺たちの仲じゃないか、固いこと言うなよ・・・」

「・・・っ」

駄目だこの人、どうしたらそんな発想ができるのか?

私のことをいったいなんだと・・・、彼女の心の奥でふつふつと、怒りが湧きだした。

なんとかして、この男を懲らしめるすべがないモノか・・・。

 

「わかったよ」

「えっ、いいの!?」

「うん、その代り・・・」

「その代り?」

「3分間、私が君の大事なところを蹴り上げるから、3分間、立っていられたら・・・」

「え?」

 

桃子は言った。

自分の大事なものを差し出す代わりに、貴方も私に大事なものを差し出してと。

つまりは、自分だけが損するのは不公平だ。だから、貴方にもそれなりの損をしてもらう。

苦しい思いをしてもらう。

哲志は一瞬渋ったものの、たかが女の蹴りに怖がることはないさ、と条件を飲んだ。

それが後々、大参事になるとも知らずに・・・。

ペッティング 第六話

「綾香ちゃん・・・、ふざけてないで、早くどいて・・・」

健二君は苦しそうに言う。

「ふざけてなんかないよ」

私はそういうと、突き立てた親指をドライバーのように回転させ、睾丸にめり込ませた。

「ひぎゃあああああ!!!!!」

「健二君、覚えてる?」

私は健二君の背中に、乱暴におっぱいをこすり付ける。

張りつめた乳首が汗に濡れた彼の肌でこすれて、気を失いそうになるほど気持ちいい。

「初めて健二君が、私にここを蹴ってほしいって言った時のこと・・・」

私の体に、直に健二君の震えが伝わる。

怖いんだね、健二君。

「股間を何回も蹴り上げて、私が健二君を始めて射精させたときのこと」

健二君、凄い汗、体はこんなに冷たくなっているのに。

私は健二君の首筋に舌を這わせた。

しょっぱい・・・。

「私ね、本当はあの時から健二君のここ、潰したかったんだ」

「あっ、あっ・・・」

「信じてた人に無理やり犯されそうになって、その上、あんな変態な行為までさせて・・・。男の人ってホントに・・・」

「ひっ・・・、ひぐっ・・・」

クスッ・・・、健二君ったら、とうとう泣き出しちゃった。

「でもね、そんなことしちゃ、二度とエッチなことできなくなっちゃうでしょう?」

「や・・め・・・て・・・・・・」

「そうなったら、健二君かわいそうだから、しなかったの」

ぶしゅっ・・・、いやな感触。

爪先で袋が裂けた見たい。うっすら血が滲んで気持ち悪い。でも、それでも私はやめない。

「だって私、健二君が大好きだもの」

「ああっ、血が、血が・・・ほんとに・・・やめ・・・」

「でもね、日に日に健二君のココを潰したいって想いは増していくの」

ブチブチ・・・、陰嚢の切れ目が広がり、中身が見えそうなくらい広がった。

私は皮をよけ、直接中身を押し潰す。

「健二君にはわかる? 自分よりも強いはずの男の人がここを責めるだけで・・・こんなに・・・」

健二君の震えが伝わる。いまどんな気分なんだろう・・・。

「男の人の大事なところ、それなのに一番弱いところ。女の子にはない、できそこないの部位。潰したい。これを潰して、私の手で男としての人生を終わらせたい。ずっと、そう思ってた」

「もう・・・やめ・・・」

「そして今日、とうとうその想いが、貴方を好きだって想いを上回ったの」

ブチン!!!

健二君の睾丸が潰れた。

「ぎゃあああああああああ!!!!!!!!!!!!」

「あっ・・・」

びちゃっと血と睾丸の残骸みたいなものが飛び散った。

同時に健二君のペニスの先端から、勢いよく精液が放たれた。

「綺麗・・・」

赤と白のコントラストが、机の上に降り注ぐ。

「ああっ、僕の・・・僕の・・・」

「これで最後・・・」

私は左の睾丸に指を添えた。

「やめて・・・、お願い・・・助けて・・・」

「んっ・・・」

彼の震えが、私に伝わる。

きもちいい。

「安心して・・・、これが潰れても、私は君のこと嫌いになったりしないよ」

私はゆっくり体重をかけ始めた。

「むしろ、私の気持ちは貴方ひとつになるから・・・、だから・・・」

「あっ、ああっ・・・」

「大好きだよ、健二君・・・」

私は指先に嫌な感触を感じた。

おしまい 

ペッティング 第五話

「動いちゃだめだよ・・・」

私は健二君の肩口から顔をだし、脇の下から手を出して、睾丸を摘まんだ。

「あっ・・・」

「ふふふっ」

左手で袋を絞って睾丸の逃げ場をなくす。

そしてプックリと盛り上がった右側の山を親指で押す。

「ああっ!!!」

冷たい机と親指の間でひしゃげる睾丸。

「痛い?」

私はガタガタと震える彼の耳元で囁いた。

「手加減はしてあげないよ」

爪先で睾丸を突き刺すように押し潰す。

下へ下へと押しつぶされていく睾丸とは反対に、垂直近くまで鎌首を起こしている彼のペニス。

「変態さん」

私がそう言った瞬間、ペニスがビクンと震え、その尿道からドロドロと力なく精液がこぼれ出した。

「あっ、ああ・・・」

「全部出しちゃえ・・・」

私は射精と同時に、きゅっと上に引っ込みそうになる睾丸を押さえつけ、円を描くように机に押し付ける。

「ぐりぐり・・・・ふふふっ、まだまだ出るね」

「あっ、だめ・・・」

とめどなく溢れる精液、どこにこんなにたまっていたんだろう?

「ああっ・・・」

「もう、出ないの?」

パクパクと口を開いたり閉じたりするペニスの先端、そこからもう何も出てくる気配がない。まだまだとばかりに睾丸を押し潰すけど、健二君は痛がるばかりで、何も出してくれない。

「そっか、終わりか・・・」

「綾香ちゃん? ・・・ひぎっ!!!」

私は彼の体ごと前のめりになり、睾丸に体重をかけた。

「あっ、綾香ちゃん、もう終わったよ。もう、射精した・・・・ああっ!」

「健二君のおちんちん、射精したのにおっきいままだね、すごいや」

全体重を彼にかける。

指先にメリメリという感触が伝わる。

「あやか・・・?」

「ねえ、健二君、ここってさ、潰れたら、どうなると思う?」

「え!」

健二君は私の質問にびくっと体を震わす。

その時、私の乳首が彼の背中で擦られ、私は快感を感じた。

 

ペッティング 第四話

それからというもの、私と健二君は玉責めという行為にのめり込んだ。

初めの頃こそ遠慮がちだった私だが、時間が経つにつれて、エスカレートしていった。

ある日は全裸の健二君の背後に立ち、股の間でぶらぶらと揺れる睾丸を思いっきり蹴り上げて、バタバタとのた打ち回る彼を指さして笑った。

そしてまたある日は、ボクサーのように彼の睾丸に連続でパンチして、彼の睾丸を真っ赤にはらしたこともあった。

「どうして痛いのに、気持ちいいの?」

蹴り過ぎて、ペニスが紫色に変色したり、精液に血が混じってたこともあった。

「おしっこが真っ赤なんだ」

心配そうに相談されたこともあった。

「そんなの知らないよ。もし使えなくなってたら、私、健二君なんか捨てちゃうからね」

そのたび、私はそう言って、何度も健二君を泣かした。

 

日に日に激しくなっていく行為、私からいじめられるたび、ボロボロになる健二君の大事なところ。当の健二君も今ではげっそりと痩せ、どこか弱々しい。それも当然だ。行為後はいつも熱を出し、激痛にうなされながら寝込むのだから。彼の苦渋に満ちたその顔を見るたび、私は女に生まれてよかったと思う。あんな小さな2つの肉魂なのに、男の人って本当に哀れだね。このまま続けていたら、健二君、本当に死んじゃうかも・・・。

 

けどね、それでも私たちはその行為をやめなかった。

だってそれが、私たちの愛情表現となっていたから。

そして今日、私の欲求が叶う。

私の望みが・・・。

 

「もう限界?」

「もっ、もう・・・限界・・・」

私は彼の睾丸を放し、彼を抱きしめた。

「ふふふ、健二君たら、情けない」

「そっ、そんな・・・。綾香ちゃんてば、少しも容赦してくれないから・・・」

「男の子が言い訳なんて、情けないぞ」

健二君がしゅんとする。

「ふふふ、そんなに落ち込まないで、これ見て元気出しなさい」

そう言って私はブラジャーを外した。

健二君は食い入るように私のおっぱいを見る。

ふふふ、健二君ったら・・・。

「どう、結構おっきいでしょう?」

「うっ、うん・・・」

こんな風に自分から見せたのは初めて、ちょっと恥ずかしい。

「すごいや・・・」

そういいながら、健二君は私の胸に手を伸ばした来た。

私はその手を払い、彼の股間を蹴り上げた。

「ぎゃっ!!!」

健二君は地面に崩れ落ち、丸まった。

「誰も触っていいとは言ってないでしょう」

苦しそうな表情で私を見上げる健二君は、再びしゅんとした。

「まったくしょうがないな・・・、健二君机の前で膝立ちになって・・・」

「えっ?」

私は健二君を誘導し、机の前で膝立ちさせ、睾丸を机の上に乗せた。

「今日は新しいことをしようよ」

私は彼の背後から抱きついた。

私の胸が彼の背中に押しつぶされる。

「嬉しそうだね、健二君」

「えっと、その・・・」

健二君は口ごもってしまう。

けれど、彼のビンビンに勃起したペニスを見れば、彼がどう感じているかなんてすぐにわかる。

健二君ったら、かわいい。

作品一覧
サークルプロフィール
ギャラリー
  • 宣伝となります
  • 宣伝となります
  • 宣伝となります。
  • 更新滞ってすみません。
  • 更新滞ってすみません。
  • 更新滞ってすみません。
タグクラウド
記事検索
メッセージ
  • RSS
  • Dlsite blog