阿保満天のBlog

このブログは、過激な描写を含んでいます。 女性による金蹴り、玉責め、去勢などきつい内容でいっぱいです。 観覧には、十分にご注意ください。

阿保満天と申します。 ハードな受けシュツュの作品をかいてます。 イラスト、漫画製作等のお仕事募集中です。 ご連絡はabomanten@hotmail.co.jpへ、または メッセージ蘭にてお願します。

先輩

先輩 後編

先輩 後編

 

 

「は? 勃起したらこっちが言うこと聞いてもらうって約束したじゃん」

「そっ、そんな、それにしたって、なんてひどいことを・・・」

彼は泣きそうになりながら言った。

「ふふふ、何泣きそうな顔してんのよ。何? キスでもしてもらえると思ってたの?」

彼女はバカにしたように笑う。

「おー、よしよし、痛かったでちゅね」

彼女はまるで赤子をあやすように彼の頭を胸に抱いた。

ただ股間を蹴り上げたくらいで、こんなに滑稽な姿になるなんて、彼女はそれが可笑しくて仕方がなかった。

「よしよし、僕ちゃんの大事なところが潰れちゃいましたか? ・・・あれ?」

彼女は、彼のペニスが未だ勃起していることに気が付いた。

「アンタなんでまだ勃起してんのよ?」

彼女は彼の頭を抱いたまま、睾丸を掴んだ。

彼の体がびくっと震える。

「んんんっ・・・」

胸の谷間で、彼の唸り声が聞こえる。

「やだ、触られるだけで痛いんだ」

そういいながら、彼女はぐりぐりと睾丸を揉みしだく。

彼は彼女の手を引きはがそうとするが、彼の手が彼女の手を掴んだとき、睾丸を握りしめる手の力が強まった。

「んんんっ!!!」

「こら、勝手なことしてんじゃねーよ。手降ろせ」

彼は彼女に従い、両手を降ろした。

「よし、次はこの勃起した汚いのを縮こめな」

そういって彼女は、陰嚢に爪を突き立てた。

「んんんんっ!!!!!」

彼は必死に勃起を鎮めようとするが、そんなの無理に決まっている。

これ見よがしに、彼女が豊満な乳房を彼の顔に押し当ててくるのだから。

「ほら、早く小さくしろって言ってんだよ」

彼女は睾丸をぎゅっと握りしめたまま、引きちぎらんと引っ張った。

彼はガタガタと体を震わせる。

彼女は彼の顔に乳房を押し付け、乳首をこすり付けながら言う。

「ほらほら、早く小さくしないと、君の大事なところが大変なことになっちゃうよ」

彼女は楽しげに彼の睾丸をいたぶる。

どうしてこんなのが痛いんだろう、そんなことを考えながら、ゴリゴリと彼の睾丸を握り潰してゆく。

「え? 何々? もうだめなの? やめてほしい? じゃあ、これで最後!!!」

彼女は渾身の力で睾丸を握りしめた。

ぷちっ・・・。

その時、彼女の手の中で、何かが弾ける様な感触がした。

それと同時に、彼のペニスから真っ赤に染まった精液が、力なく溢れ出す。

「あっ・・・」

先ほどまでこぶし大ほどあった陰嚢が、空気の抜けた風船のように縮んでゆく。

それと連動して、いきり起っていたペニスも小さくなってゆく。

「潰れちゃった」

彼女は泡を吹き、悶絶する彼を横目に、お酒に手を伸ばした。

「男の人のあれって、結構脆いんだね」

彼女は、ぶくぶくと泡を吐き痙攣する後輩を尻目に、何食わぬ顔で酒を煽った。

 

先輩 中編

先輩 中編

 

「んじゃ、裸になって」

「え?」

「裸になんないと、ぼっきしてるか分かんないじゃん」

「いや、せめてパンツだけでも・・・」

「いいからさっさと脱ぐ!」

彼女は後輩を押さえつけ、無理やり彼の服をはぎ取った。

「んじゃ、そこに立ってね」

彼はもじもじとしながら、ニヤニヤと笑みを浮かべる先輩の前に突っ立っている。

なんでこんなことに、あんなこと言わなければよかった。

「こら、隠しちゃだめだよ」

前を隠そうとしたら、彼女に止められ、恥ずかしそうに下を俯く。

「さてと、それでは・・・」

彼女はそういうと彼ににじり寄り、服の首元をくいっと引っ張り、胸元を露出させる。

さらに、グラビアアイドルよろしく体を前に傾け、片手を腰に当てたポーズで彼を誘惑する。彼女自慢の谷間が、ぐっと強調される。

「ごくっ」

彼は思わず息をのんだ。

「ふふふっ」

彼女はしてやったりといった顔で、彼の下半身を見る。

しかし、彼のソレは勃起していなかった。

いやいや、中学生じゃないんだから、それくらいで勃起なんかするかよ。

彼は内心ドキドキしながら、ドヤ顔する。

むっとした彼女は、上着を脱ぎ捨てた。

そしてブラジャーを取り、これでどうだと、仁王立ちになった。

「おおっ!!」

男は目を輝かせ、彼女の裸体に見とれる。

当然ながら、彼のペニスは元気いっぱいになった。

「ふふふっ、やっと勃起したわね」

彼女は勝ち誇ったように言った。

「そんな、ずっ、ずるいですよ先輩」

「ずるくない! 私の勝ち、ほら、さっさと脚開く」

「え?」

なぜ足を? 

彼女は彼の足を肩幅に開かせ、一歩後ろに下がった。

「目つぶって、唇を突きだして」

「えっ!」

彼はドキッとした。

この展開はもしかして・・・、彼はわくわくしながら、彼女のキスを待った。

しかし次の瞬間、ドスッという鈍い音とともに、激痛が突き抜けた。

「っ!!!」

一瞬何が起こったのかわからなかった。

目を開くと、鬼のような形相をした先輩の足が股間を蹴り上げていた。

「がはっ・・・、先・・・輩、何を・・・」

彼は股間を抑え、前かがみになる。

彼女は彼の髪を掴み、頭を上げさせた。

「この変態野郎」

続けて、手で押さえたままの股間に膝が叩き込まれる。

メリメリ・・・膝に押し上げられ、彼は自分の手のひらで睾丸を押しつぶす。

「ぎゃああああああああ!!!!!!」

彼はたまらず地面に突っ伏し、そのままのた打ち回る。

「ふん、バカな男」

彼女は彼の脇腹に、強烈な蹴りを入れた。

「がはっ」

彼は脇腹を抑え、額を地面にくっつけ、亀のように丸くなる。

「ほら、こっち向きな」

彼女はそう言って、彼を仰向けにさせる。

「なんで、こんな、ことを」

彼は声を振り絞り、先輩に問いかけた。

 

先輩

先輩 前編

 

とある後輩(男)が先輩(女)宅で家飲みしていた時のとこ・・・。

「あ~あ、私、また振られちゃった」

グラスを傾け、酒を煽る。

「先輩、飲み過ぎですよ」

「うるさい、黙れ、この童貞!!!」

彼女は彼をポカポカと叩く。

「ちょっと痛いですよ」

彼は理不尽な仕打ちに、腹を立てながらも彼女を何とか宥めようとする。

しかし、彼女はますますヒートアップする。

「大体、あんたは何様よ! なんだって私に指図するのよ、酒おごってやってんのに、ずうずうしいわね」

彼はむっとした。

人が心配してやってるのに・・・、それに今日だって先輩が無理やり誘ったんじゃないか。

「そうか、あんた私の体が目当てね。可愛がってやったのに、男ってホントに最低ね」

酷いことを、せっかく付き合ってやってるのに。

彼はあまりの彼女の傲慢な態度に、一つ言い返してやろうと・・・。

「こんな酒癖の悪い女、こっちから願い下げですよ、まったく」

やれやれといった態度で言った。

「はあ、なんですって? アンタ今、なんて言った?」

彼女は不機嫌そうに、彼に掴み掛る。

「このあたしを願い下げですって?」

「ええ、そうです。僕は先輩のどこにも、魅力を感じません」

「なんですって!!!」

彼女は顔を真っ赤にして彼に掴みかかった。

「ふーん、わかったわ。本当に私に魅力がないか、確かめてやる」

「え? 確かめるって?」

「確かめるのよ、本当にアンタが、私に欲情しないのか」

「は?」

「だから、私がアンタを勃起させるってこと」

「はい!?」

何をとち狂ったことを、彼は意味が分からず、彼女に問いただす。

「先輩、言ってることがわかりません。なぜそうなるんですか?」

「なぜも何もないでしょう? アンタが私をバカにするから・・・」

彼女は腰に手を当て、怒ってますよっといったポーズで、続ける。

「なに? それともアンタ本当に私の体目当てなの?」

「いやっ、そんなわけないじゃないですか」

「じゃあ、私と勝負なさい!」

「いっ、いやですよ。大体、そんなことして僕に何のメリットがあるんですか・・・」

「メリット? そうね、もし、あなたが勃起しなかったら、パイズリしてあげる」

彼女は両手で胸を揉みしだきながら、誘惑するように言った。

「えっ?」

体目当てじゃないといったものの、目の前でこんな立派な胸の谷間を見せられては・・・。

「まっ、その代り、勃起したら私の言うことを聞いてもらうけど・・・」

 

作品一覧
サークルプロフィール
ギャラリー
  • 宣伝となります
  • 宣伝となります
  • 宣伝となります。
  • 更新滞ってすみません。
  • 更新滞ってすみません。
  • 更新滞ってすみません。
タグクラウド
記事検索
メッセージ
  • RSS
  • Dlsite blog