阿保満天のBlog

このブログは、過激な描写を含んでいます。 女性による金蹴り、玉責め、去勢などきつい内容でいっぱいです。 観覧には、十分にご注意ください。

阿保満天と申します。 ハードな受けシュツュの作品をかいてます。 イラスト、漫画製作等のお仕事募集中です。 ご連絡はabomanten@hotmail.co.jpへ、または メッセージ蘭にてお願します。

叔父さん

叔父さん 後編

叔父さん 後編

 

「杏子ちゃん、気持ちいいよ・・・」

おじさんは風邪をひいたときみたいに、はあはあと苦しそうに息をしながら、右手でオチンチンを擦り始めた。

くちゅくちゅくちゅ・・・、ものすごい速さで上下に動くおじさんの右手。

それを初めて見たとき、私はおじさんに「なにしてるの?」ときいた。

おじさんは「こうすると気持ちよくなれるんだよ」と教えてくれた。

そんなことするだけで気持ちよくなれるなんて、男のひとってずるいね。

でも私がそんなことを言ったら、女の子だって気持ちよくなれるんだよっと教えてくれた。

どうするの、と私が聞いたら、おじさんは私が大きくなったら教えてあげるって言ったんだ。早く大きくなりたいよ。

「ああっ、杏子ちゃん、もっと、もっと強く。もっと強く、にぎりしめて!」

そう言われて、わたしはおじさんのタマタマを思いっきり握りしめた。

「つぶれちゃえ~!」

「あぎゃああああ!!!」

おじさんは腰を突き出して、オチンチンを思いっきり擦った。

「いぐうぅぅぅ!!!」

おっきな声でおじさんが叫んだ瞬間、おじさんのオチンチンの先っぽから白いおしっこみたいなのが、わたしのお顔に向かって飛んできた。

「きゃっ!!!」

どろどろした白いのがわたしの顔と、体に一杯かかった。

変なにおい。私の嫌いなにおい。

「ふぇぇ・・・、おじさんのバカ~」

わたしが大きな声で泣くと、おじさんをわたしの顔に着いた白いのを拭きとってくれた。

「ごめんね、ごめんね杏子ちゃん」

おじさんはわたしの頭をなでてくれた。

「ごめんね、泣かないでね。杏子ちゃん、ごめんね」

「ふっ、ふぇ・・・」

「よしよし、泣かないでね。そうだ、明日、遊園地に連れて行ってあげるね」

「ほんと! やった! ありがとう、おじさん」

わたしはうれしくて、おじさんに抱き着いた。

「おじさん、大好き」

わたしはそう言うと、おじさんのタマタマをまた、ぎゅっと握りしめた。

「あっ、杏子ちゃん・・・、もう・・・」

「お礼にもっと、もっと気持ちよくしてあげるね」

「あだだだだっ!!!」

ぶよぶよしたタマタマが、わたしの親指の形にへこんでゆく。

コリコリしてて、ほんのりあったかくて、ぎゅっと押したら押し返してくる。

わたしの小さな手でぐにゃぐにゃ形を変えるタマタマ。

男のひとの一番大事なところ。

「もっと、もっと、気持ちよくなってね」

「あっ、杏子ちゃん、さっき射精したばかりだから・・・、ああっ!!!」

「ふふふっ、ぎゅ~!!!」

「あぎゃああああああああっ!!!!!!」

その晩、わたしはおじさんのことを、何度も何度も気持ちよくしてあげた。

 

叔父さん 前編

叔父さん 前編

 

「おじさん、こんばんは!」

わたしは杏子、小学1年生。

今日はおじさんのうちにお泊り。

おじさんは家の近くのアパートにすんでて、休みの前の日はいつも、おじさんのうちに泊まりに行くんだ。

「やあ、よく来たね、杏子ちゃん。今日も元気いっぱいだね」

おじさんはいつもニコニコ、やさしくわたしを出迎えてくれる。

「んふふ、そうなのだ。元気いっぱいなのだ」

 

わたしとおじさんは晩ごはんを食べて、一緒におふろに入ったあと、一緒にゲームをした。

「わーい、また私の勝ちだ~」

「ははは、杏子ちゃんはつよいな」

「えへへ~」

「おや、もう10時半か。杏子ちゃん、もう寝ようね」

「うん」

おじさんはよいしょっと、お布団をひいてごろんと寝ころんだ。

「おいで、杏子ちゃん」

「うん」

わたしはおじさんの腕をまくらに、抱きまくらしてもらった。

よしよしとなでなでしてくれるおじさん、とってもいい気持ち。

でもね、さっきから、わたしのふとももになにか当たってるの。

「おじさん、何か、かたいのが当たってる」

「ああっ、ごめんごめん。杏子ちゃんがかわいくて、ついつい」

「もう、おじさんったら・・・」

「いつもの・・・、してくれるかな?」

「しょうがないな・・・」

わたしはおじさんのズボンを脱がして、ふとももにまたがった。

そしておじさんのオチンチンをお腹の方に倒して、しわしわのタマタマを両手で握りしめた。

「はあ・・・、杏子ちゃん」

おじさんはうっとりとした顔で、私の名前を呼ぶ。

「ふふふっ、おじさんの顔、おもしろーい」

わたしはおじさんのタマタマをグニグニと指で押しつぶした。

するとおじさんは女の子みたいな声で、なんどもわたしの名前を呼んだ。

わたしはそれが面白くて、おじさんのタマタマを何度も何度も押しつぶした。

「ああっ、いたっ・・・きっ・・・もち、いい・・・」

「えへへっ、おもしろーい♪」

ぎゅーっと力いっぱい握りしめると、おじさんは両手を布団の上でバタバタさせるの。

お顔を真っ赤にして、少し泣いてる。

痛いのかな?

でもそしたら、なんでおじさんのオチンチンはこんなに元気になってるんだろう?

わたしは天井に向かってそそり立つ、おじさんのオチンチンをパシッと叩いた。

おじさんは「あんっ」って、女の子のような声をだして体をくねらせた。

「ふふふっ、おじさんのエッチ」

どうしておじさんは、ここをいじめられるのが気持ちいいんだろう?

お父さんはお母さんとケンカして、ここを蹴られたとき、すごく痛そうな顔をしてたのに。

それにクラスの男子だって、電気あんましたらすぐ泣くのに。

おじさんって変だね。

 

作品一覧
サークルプロフィール
ギャラリー
  • 更新滞ってすみません。
  • 更新滞ってすみません。
  • 更新滞ってすみません。
  • 更新滞ってすみません。
  • 更新滞ってすみません。
  • 更新滞ってすみません。
タグクラウド
記事検索
メッセージ
  • RSS
  • Dlsite blog